2020年春ダイヤ改正について~東海道・山陽新幹線編~ - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

2020年春ダイヤ改正について~東海道・山陽新幹線編~




 時刻表の2020年3月号を入手しました。その中の山陽新幹線のダイヤについてみていきます。それ以外のところに関しては3月第一週をめどに投稿します。なお今回の記事では日中ダイヤについて触れることにして、朝や深夜のダイヤについては割愛します。また全体のまとめとなる記事は3月14日のダイヤ改正当日に出そうと思います。
東海道新幹線のひかり・こだまはのぞみ停車駅での接続待ちが
 今回のダイヤ改正でこだまもN700Aに統一されるためひかり・こだまも所要時間が短縮されます。特に東京~名古屋間に関しては下りは岡山行きひかりが6分、新大阪行きひかりが3分、新大阪行きこだまが7分、名古屋行きこだまが4分、上りは岡山発ひかりが4分、新大阪発ひかりが3分、新大阪発こだまが8分、名古屋発こだまが2分短縮されます。一方で新大阪発着のひかりとこだまは名古屋で、岡山発着のひかりは京都でのぞみに抜かれるダイヤとなります。これまで日中の名古屋駅や京都駅ではひかり・こだまがのぞみに抜かれることはありませんでしたので大きな変化と言えます。用区間にもよりますが、ひかり・こだまへの配慮も欠かさず行われ特に静岡県内から東京・名古屋へのアクセス向上は間違いないです。また静岡県内の移動も容易となったでしょう。
さくらのダイヤの変化
 今回のダイヤ改正でみずほ・さくらは、下りが新大阪6分発の速達定期と18分発の準速達に上りが新大阪28分着の準速達と38分着速達定期になりました。このうち準速達は福山で広島発着ののぞみに抜かされるダイヤに変わりました。そのため広島行きののぞみに乗ると広島で準速達のさくらに乗り換えることができ、逆の博多方面から準速達のさくらに乗ると広島で始発ののぞみに乗り換えることができます。これと、博多行き定期のぞみを合わせると1時間に4本、新大阪~博多を結んでいることになります。但しこの準速達は、下り12、13、14時台新大阪発と上り13、14時台博多発は定期列車ではないく臨時列車で、この時間帯は1時間に3本しか新大阪~博多を結んでないので注意です。なお速達みずほ・さくらは東京発博多行きのぞみの直前直後を走っているため、関東や名古屋から博多へ向かう場合は準速達を使えば毎時3本、ない時間帯は毎時2本というパターンになります。(このほか一部時間帯は広島発着ののぞみがはかたまで運転している時間帯もあります)
博多直通の臨時について
 今回の山陽直通便のダイヤに関しては定期と臨時(下では()で表記)を合わせると
下り東京
09,(12),(21),30,(42),51
上り東京
(03),15,(24),(33),36,54
となりました。下りの21分発と上りの24分着は今回一部時間帯に設定される臨時列車です。一応ダイヤ上は他の時間帯でも設定可能な時間帯が多いですが、号数の割り振りから、夏以降に新たな時間帯で21分発、24分着のぞみの設定はなさそうです。それ以外に関しては東京発車の時間帯は多少のずれはあるもの現ダイヤを踏襲されています。気になるのは3分間隔でのぞみを走らせるダイヤが維持された点です。臨時も含めてN700系に統一されたため臨時も定期と同じ所要時間で走行できることになります。そのため定期の直後に臨時を出さなくても後続の定期のぞみに追いつかれることはなくなりました。しかしながら、このダイヤ改正でも3分間隔で山陽直通ののぞみを出すダイヤは存続します。
今後は?
 今回のダイヤ改正でダイヤは大きく変わりましたが、今後N700Sも投入されるため変化していくと思います。中でも一番変わるのは山陽臨時のぞみでしょう。
 毎時最大2本臨時がはしるようになったときもはじめは東京13分発、30分着が多かったですが徐々に東京40分発、03分着が増えていきました。今後は東京21分発、24分着がすべての時間で設定されるようになり、その後東京12分発、33分着に代わる形で東京21分発、24分着の設定が増えていくと思います。
 最近は東海道より山陽のほうが繁忙期の自由席待ちに時間かかる印象です。そこらもN700A統一による増発で解消されることを期待します。




スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: