関西線非電化区間にICカード - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

関西線非電化区間にICカード

 JR西日本は2021年度に関西線の亀山~加茂間で車載型ICカード読み取り機を使用してICOCAに対応することになりました。これで三重県のJR西日本区間は全てIC対応となります。なお同時に関西線は全区間でIC対応となりますが亀山の社境を超える乗り方はできません。(定期券のみ可)
これで関西線は当分安泰?
 急行かすがも廃止され一時は廃線の噂もあったのが関西線の亀山~加茂間です。特に草津線と別れる柘植~加茂間は廃止の噂が絶えませんでした。しかしこのIC搭載で少し遠のいたと言えるでしょう。ただし駅に読み取り機械を置かずに車両に置いたため廃線後に車両を他の線区に転用しやすい仕組みになっているのも事実です。
リニアが大きく左右する
 今後リニアが亀山市内にできることが決まっています。これで亀山が開発されれば、亀山~柘植~京都間の需要が伸びると見られています。ない現在でも柘植からの草津線には複線化構想が持ち上がるほど需要が伸びています。一方で亀山~奈良への流れがリニアに流れる懸念もあります。いずれにせよリニアで関西線の事情は変わるでしょう。 
 この区間に関しては近鉄大阪線とは離れていて名阪国道を走るバスが主なライバルでしょう。もちろんバスに押されているのが現状です。こうしたなかでICカード対応になったのはうれしい話です。


スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
リニアは不要でも。
個人的にリニアは不要ですが、柘植駅〜亀山駅は草津線と共に複線電化して亀山始発の新快速で京都や大阪に直通して欲しいと思いますね。
東海区間にかんしても全線複線化させ、伊勢鉄道と城北線のJR化と複線電化、紀勢本線多気以北と参宮線伊勢市駅以西の複線電化。
そして参宮線全線の電化して、今まで空白だった大阪駅から亀山・伊勢方面の需要開拓と名古屋〜草津のダブルネットワーク構築は災害や四日市輸送の為にも必須だと思います。
一方、大和路線の木津以南は奈良線全線複線化と併せ、大和路快速とみやこ路快速の一体化と奈良線のホーム8両化などを行ない、大和路線と奈良線、草津〜亀山と東海道線系統の一体化を進めた方が関西本線の利便性向上になりますね。
長文、失礼しました。

稲美弥彦

2020/03/04 URL 編集返信

tetsuronohoshi
Re:リニアは不要でも。
 返信遅くなりました。リニアに関しては三重県南部の活性化に必要という考えですがいずれにせよ、東海区間に関してはおっしゃる通りだと思います。ダブルネットワークという観点では関西線全線で貨物が走れる状況にすべきでしょう。
 奈良線に関しては複線化の際にいかに輸送量を強化するかでしょうね。幸いにもまほろばは成功しました。また奈良線複線化とサンダーバード、しらさぎ運行区間縮小の時期が重なるのでこの際の余剰車を使えばさらに奈良線やおおさか東線に特急を走らせられます。
 もし関西線を電化しないなら本当は東海の保有にして、紀勢線と一体運用にした方が効率がいいですね。高山線の猪谷以北も同様です。

ホッシー

2020/03/11 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: