四国エックスハイウェイ完成から20周年 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

四国エックスハイウェイ完成から20周年

 東日本大震災発生から9年が経ちました。亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。また被災された方お見舞い申し上げます。今日は東日本大震災発生日なので防災に関わる道路開通の話をいたします。

何万人の命を救うであろう道路が20年前の今日に開通した
 20年前の今日、四国エックスハイウェイは完成しました。四国エックスハイウェイとは徳島自動車道、松山自動車道、高松自動車道、高知自動車道の総称です。最後に開通したのが徳島自動車道井川池田ICから川之江東IC間だったそうです。この区間が20年前の今日に開通しました。高速道路の開通も3月の土曜日にあることが多いですが、この日はJRのダイヤ改正に加えて高速道路も完成したことになります。この道路は災害の復興などで活躍するでしょう。徳島自動車道などで復興に必要な物資を運ぶことができます。

高速道路は避難場所に使える
 在来線と一般道路は低いところを走っているため津波被害にあう区間もあり、被災後に不通になるリスクが高いです。しかし阪神淡路大震災後に開通した高速道路を中心に新しい道路は高いところに作っているので災害時に不通になるリスクが低いです。さら、高いところにあるので、津波が来た時に一時的に高速道路を避難場所代わりにすることができます。もちろんその場合は道路としての機能は止めることになりますが高台のないところでは避難場所にできるでしょう。
 四国エックスハイウェイも災害対策の一面はあります。この道路も新しいので被災後に、安定した支援物資供給ができると言われています。四国の場合水不足があるので、水の供給に役立ちます。そういう意味で四国エックスハイウェイは何万人の命を救います

 地方での高速道路建設は災害対策の意味でも少しでも早く進めるべきだと思います。ストロー現象と鉄道利用の減少というデメリットがあっても命には代えられません。近年太平洋沿いだと常磐道、紀勢道の整備が進んでいますが次の大災害までに開通してほしいところです。

 今回の話は動画にもまとめたのでこちらもご覧ください。

 今回は災害対策について道路について書きましたが、今月には鉄道に関しても書いていきます。


夢電まとめ
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
4車線化も必要。
ただ、高速道路は防災の面で有効でもやはり4車線化と休憩所の充実は必要だと思いますね。
鉄道も在来線の利用者が多い駅は高架化しながら、高速道路は4車線化と休憩所の拡充。
そして高速道路休憩所と鉄道駅の連絡は本気で必要に思いますね。
やっぱり、鉄道、高速道路を連携した政策が必要に思います。
更に四国の場合は徳島道の4車線化と上板SAの施設拡充や給油所新設も必要な気がしますね。

稲美弥彦

2020/03/11 URL 編集返信

tetsuronohoshi
Re:4車線化も必要。
いつもコメントありがとうございます。本来なら4車線区間拡大も必要でしょうがそれより先に今高速がない区間で災害時に大きな被害が予測されている地域に高速を通ししてほしいです。
 鉄道も本当は高架化や高速化を進めてほしいとは思います。現行の新幹線の制度では寂れる街がどうしても出るので新たな制度が必要ですね。この問題はまた記事にしていこうと思います。

ホッシー

2020/03/11 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: