旅客と貨物をともに乗せて(2020) - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

旅客と貨物をともに乗せて(2020)

昨年も同じタイトルで動画とブログを投稿しましたが今年も投稿します。実際に取り組みを行った結果等はまだ明らかになってませんがその後も旅客貨物混合列車の取り組みは進んでいるので紹介します。

現在は新幹線でも取り組みが始まっている
 JR東日本とJR西日本は北陸方面~東京で新幹線で鮮魚を運ぶことにしました。また九州は早朝深夜の九州新幹線の列車で宅配物を運ぶことにしました。このように現在は新幹線でも取り組みが広がっています。

貨物は鮮魚、農産物、宅配物
 これまでの旅客貨物混合列車の中身は鮮魚か農産物か宅配物です。特にローカル線での採用が多いので農産物が多いのが特徴です。宅配物は宅配業者の人で不足の影響と言われています。現在は佐川急便が積極的に行っていますが、他の業者が続くかは注目です。他の物を運ぶようになるかも気になりますね。これとは別に長く日本で存在するのが夕刊配達です。利用の少ない昼過ぎの列車に新聞が積んである例があります。

人手不足で貨物輸送は優位に?
 人手不足の今日では人もモノもできるだけ人手をかけずに運ぶ必要があります。その場合大量輸送ならばトラックより鉄道貨物または旅客貨物混合列車が優位です。これとは別に旅客貨物混合バスと言って、路線バスに宅配物などを運ぶ例もあります。うまく整備すれば旅客貨物混合列車は普及して鉄道利益の向上につながるかもしれません。
 今後JRの鉄道貨物は長距離大口輸送がJR貨物の専用列車、中距離の小口輸送がJR旅客の旅客貨物混合列車になるかもしれません。JR貨物の列車とJR旅客の列車で荷物の授受がスムーズにいくようにできるのがカギでしょう。これはJR貨物と三セク鉄道などの関係でも同じことが言えます。

公式HP
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: