名鉄の車両更新 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

名鉄の車両更新

 本日は名鉄の車両投入についてです。現在9500系の投入が続き、2両の9100系の製造も噂されています。一方で6000系の廃車が進むと本線系統・常滑線系統の列車が全て時速110キロ運転になるかもしれません。

高速運転できる路線
 ただし最高速度に関しては路線側の制約を大きく受けます。名鉄で時速100キロ以上で走っている路線は限定的です。
時速120キロ 本線 常滑線
時速110キロ 犬山線
時速100キロ 河和線 知多新線 各務原線 西尾線等
 つまり車両側が120キロ運転、110キロ運転が可能でも線路側が120キロ運転110キロ運転に対応してない場合が多いです。
6000系系列(6R)はワンマン線区が多い
 唯一時速100キロしか出せない6000系は蒲郡線や広見線のワンマン線区での活躍が多いです。6800系もワンマン線区である尾西線で多数走ります。6000系・6500系・6800系以外は時速120キロ運転が可能で、本線・常滑線の列車はほとんどが時速120キロ運転、時速110キロ運転をします
6000系置き換えで本線系統・常滑線系統は全て時速110キロ対応に
 現在ワンマン非対応で、本線などで活躍する6000系は4両7本と2両7本です。これらを9500系や9100系で置き換えることで本線・犬山線・常滑線ではすべての列車が時速110キロでの運転が可能です。河和線直通列車に関しても常滑線区間では時速110キロ運転が可能です。
 本線では豊川行の急行も時速100キロダイヤでしたが時速110キロ対応に変えられます。これで名古屋豊川間で5分ほどの短縮が見込めます。

 更に車両投入を進めていけば6500系・6800系を本線と常滑線の急行や準急から撤退させ、急行準急時速120キロ運転が可能ですがそれはまだ先になりそうです。名鉄の場合列車により最高速度を変えるので底上げ効果も小さいかもしれませんがダイヤに自由度が生まれるのは間違いないです。
 令和の前半は各社とも遅い車両を置き換えることで底上げの時期となりダイヤが変わるかもしれません。



スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: