なぜ新幹線会社が赤字路線を残すのか - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

なぜ新幹線会社が赤字路線を残すのか

 三重県の話をした時東海道新幹線が通っている県はどんなローカル線でも昼間の列車が残っているとか、旧名古屋局静岡局管轄でJRに引き継がれた路線は別だと言いました。これは現在のJR東海の路線を示します。2代目社長である葛西氏が新幹線会社と呼ぶJR東海。ではなぜ赤字の在来線のサービスを維持するのでしょうか。国鉄名古屋局静岡局の末期時代から遡ります。

国鉄末期、静岡はバスに押されて、愛知岐阜は名鉄の言いなりだった
 国鉄末期、愛知岐阜が名鉄が強かったのは有名ですが、国鉄のダイヤ改正には名鉄の許可が必要だったそうです。静岡はライバルがいないといわれますが、実際は道路が快適で、かなり車が強い地域でした。そして遠州鉄道のバス路線、静岡鉄道のバス路線などが発達しているのに対して国鉄列車は毎時2本しかなかったようです。そのためバスと車に押され利用客も少なかったようです。

挽回のために地域輸送に徹した国鉄末期
 この静岡地区、名古屋地区の輸送改善に名古屋鉄道管理局長・須田氏が取り組みました。東海道線は静岡地区名古屋地区ともに大増発を実施。長編成を短編成化して車両は調達したようです。これにより静岡地区は黒字になりました。

静岡局は東日本の支社になるか東海になるか
 そのころ国鉄は民営化の際の分割に対し話し合いが行われました。その結果本州の旅客は3つに分割することになりましたが、当初は東、西、新幹線の3つになるはずでした。新幹線にほぼすべての借金を負担させて調整する予定でしたがそれでもバランスが取れないと判断、JR新幹線を東海道新幹線と東海地方の在来線を維持させるJR東海として発足することとなりました。ここで境界に関して議論になったのが三重県全線と静岡県を通る路線でした。静岡県は東部が首都圏志向、西部が名古屋への需要があったためだそうです。結局ここも収益のバランス等を判断して静岡は伊豆半島を除き東海管轄となりました。こうして東海道新幹線と須田氏が力をかけた名古屋地区静岡地区を管轄する一つのJRが生まれました。デメリットとしては東部地区の人が関東に通学するとき2社をまたぐためIC定期券を作れない点ですがメリットも十分あったと思います。

JRとなっても地域輸送に徹した
 JR民営化後の初代社長は須田氏になったので国鉄時代から始まった輸送改善がさらに進みました。さらに増発が行われ国鉄の長距離優先ダイヤから短距離の地域輸送も大事にするダイヤに代わりました。

在来線を活性化されば新幹線の利益になる
 東海道新幹線を持つ会社が在来線を持つメリットも生まれました。須田氏はローカル線を活性化することで東京名古屋大阪から観光客を呼ぶことを考えました。名古屋や豊橋まで新幹線で来てもらい、臨時列車等でローカル線の旅を楽しませようとしました。こうして休日の新幹線利用客を増やすことに成功しました。須田氏は「ローカル線は新幹線利用客を増やすための財産」と思っているようです。このような考えは新幹線を持つ会社と在来線を持つ会社がおなじだからこそできたことです。

災害があってもその度復旧
 ただし東海地区のローカル線は景観が良い代わり災害に襲われることも多いです。2004年の高山線の被災では線路がなくなりかけていました。その他飯田線、身延線、中央線なども被災しましたがすべて復旧しています。

これが2010年代の東海の観光戦略だ
 2010年代観光ブームが再び起こりました。各社が観光列車を作る中東海は一般形特急で臨時列車を走らせることが中心です。しかしその中でのイベントは盛り上がるそうです。車掌さんもオリジナルの放送を行い、スタンプ台も設置。一部イベントでは地元の学生を招待したり、目的地で地元の店と協力してお土産販売をするそうです。このようなことは30年間地域との信頼関係を築きあげてきたからできることでしょう。

感動の利用客微増
 イベントを行う臨時列車も堅調で、とりわけかつて大災害で襲われた高山本線は「君の名は」効果もあり利用客が増えました。身延線もこの数年で利用客が増えたという統計があります。ローカル線が廃止される中で東海地方のローカル線は活性化されました。そして東海新幹線はビジネス客だけでなく観光客の増加もあって過去最高の利用者数を更新しています。ローカル線で観光列車を走らせなければ観光客がここまで増えなかったとも言えます。
 
赤字路線を切る訳がない
 このように地域との結びつき大事にして、ローカル線を新幹線の利用客増加に結び付けてきたのが東海です。ローカル線で突然減便すれば地域の信頼は失い、特急を減便すれば新幹線の観光利用客は減るかもしれません。とりわけリニアを建設するには地元の協力もいるので地域の信頼は失いたくないという面のあります。すくなくともローカル線の観光需要が衰えるまで廃止や廃駅の話は出てこないと思います。

このような事情を踏まえて…
 こうした経緯を踏まえると新幹線がない県にもかかわらず東海道新幹線が通る県と同水準の維持が続けられている三重県南部のJR線は奇跡的ということを主張します。三重県は東海地方に入りますが元々JR事情に関しては違います。しかし、その違いというのを感じることはほとんどなく、完全に東海エリアにはいりました。

関西線特集ページへ
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: