西九州新幹線で忘れられないこと - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

西九州新幹線で忘れられないこと

 最近JR九州の鉄道事業に関して、2018年の減便や、この新型肺炎の影響で2021年春にも福岡都市部で減便する可能性の言及、赤字路線の収支公表などで「JR九州は改悪方向」だと感じる地元利用者の声を聞きます。確かに上場企業として、経費削減はするべきことなのかもしれませんが、このような急激な経費削減をしなくていいように、もう少し経営体力を付けてからの上場が良かったという一部の専門家の意見に自分も賛同します。
 ではなぜ急いでJR九州は上場したのでしょうか。それは当時の新聞には「西九州新幹線のため」と書かれていました。西九州新幹線関連でJR九州には莫大な資金が必要で、その資金集めに上場が必要でした。西九州新幹線は2022年開通予定で、上場の話が検討されたころはFGTが断念される前でした。そのため急いで上場が必要で2016年に上場を果たしました。





西九州新幹線で鉄道が縮小されるのは佐賀だけではない
 西九州新幹線に限らず並行在来線の問題は整備新幹線では起こりがちでした。但し今回は間接的ではあるものの、西九州新幹線の影響でJR九州の鉄道全体が急激に縮小気味になってしまいました。もちろんこれは長崎県の路線も影響があり大村線も減便しています。西九州新幹線がなくても上場はいずれしていて、その際に経費削減のための見直ししていたとは思いますが、もう少し緩やかな見直しになっていたと思います。

 こうなると西九州新幹線のデメリットとして、新幹線のためにJR九州が急激な経費削減をしないといけなくなったことを吟味しなくてはいけません。もちろんローカル線で減便してはいけないとか、被災路線は全て復旧しないといけないとか、赤字路線はJRで残すべきとは言いません。また新幹線を作ってはいけないとは言いません。ただ新幹線推進派には単に佐賀県との対立ではなくJR九州全体の在来線と新幹線が天秤にかけられていることを意識してほしいと思います。

お断り
 西九州新幹線のために急いで上場したことは上場検討の際の新聞に載っていました。本来はそちらこの記事に掲載すべきですが今手元にないので探して掲載します。




スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: