2021年春のダイヤ改正について JR北海道・四国 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

2021年春のダイヤ改正について JR北海道・四国

 本日はJR北海道とJR四国についてです。両社は経営が苦しい状態が続いていますが、今回ダイヤ改正では本数の削減があるものの新型車両の投入など、明るい話題も目立ちます。

JR北海道 H100型投入
 JR北海道では新型ローカル線用気動車H100形が投入されることと駅の廃止により、普通列車の所要時間が短縮されます。特に宗谷線の名寄以南ではほとんどの列車がH100形となり所要時間が30分短縮される列車もあります。

JR四国 「南風」と「しまんと」は全て2700形に
 2000形の置き換え用として投入が進められている2700形ですが今回も追加投入が行われて、南風としまんとは全て2700形で運転となります。

JR四国 パターンダイヤの拡大
 JR四国では普通列車のパターンダイヤ化を毎年進めていますが、今回は土讃線と徳島線でパターンダイヤ化が行われます。





JR北海道・JR四国・JR貨物への追加支援が確定
 一方2020年末にJR北海道・四国・貨物への国からの追加支援が決まりました。支援額と期間は3社それぞれ異なりますが特に貨物に対しては2023年までに130億円となり、北海道や四国への支援額が1000億を超えているのに対して10分の1となりました。
 いずれにしても追加支援は決まったものの苦しい状況が続くのは間違いなく、今後は抜本的な対策を迫られると言われています。一方で貨物に関しては上場も見えつつあるようです。
 明日は、JR貨物のダイヤ改正についてです。


スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: