2021年春のダイヤ改正について JR貨物 - 鉄路の星 公式ブログ
FC2ブログ

2021年春のダイヤ改正について JR貨物

 2021年春のダイヤ改正についての記事も本日が最終日となりました。本日はJR貨物についてです。今回のダイヤ改正でも増発、機関車やフォークリフトの更新、駅の改善計画などが発表されました。

今回も太平洋ベルトで増発
 年々、モーダルシフトの影響で東海道・山陽線を走る列車は増発されていますが、今回も名古屋福岡の列車が1往復増発されます。この他また夜走っていた東京名古屋間の列車が昼間の運転に変更となります。

機関車も更新・DD51はJR貨物から引退か
 また公式発表はないものの朝日新聞によると現在関西線などで運転されているDD51が定期運用から撤退との報道があります。臨時としては残るようですが、これが関西線などの臨時列車なのか、それともJR西日本などで運転されている臨時列車のことを指しているのかはわかりません。
 JR貨物の方ではEF210形とHD300形、DD200型の追加投入が発表されています。

貨物駅のリニューアル
 これも毎年どこかで必ず行われていることですが、今回も貨物駅の改良が行われ、より多くの取扱が可能になる駅が東海道山陽線沿線の貨物駅で存在します。

 新型肺炎の中でも確実に貨物の需要は伸びつつあり、今回も輸送量増強と積極的な投資が見受けられます。ここ数年の貨物のダイヤ改正発表内容が安定しているように感じます。




 これで7社のダイヤ改正の内容についての紹介を終えますが、明日31日は東海地方の在来線に関しての記事を、そして1月1日には筆者のダイヤ改正に関しての感想記事を描きますのでそちらもご覧ください。








スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント