ダイヤ改正について感想 - 鉄路の星 公式ブログ
FC2ブログ

ダイヤ改正について感想

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今日は昨年末に紹介した今年の春のダイヤ改正についての感想を書いていきます。

経営難が心配される四国・北海道の減便は意外と少なかった
 あくまでも自分の予想との比較ですが、経営難と深刻な利用減が懸念されたJR四国とJR北海道ですが減便される数は割と少なめだったと感じています。北海道に関しては一部定期列車の臨時化が行われましたが、その臨時もほぼ毎日運転の列車も存在します。

むしろ九州と西日本の減便は深刻だと感じる
 一方で上場している西日本と九州は北海道や四国より減便がされたと感じています。西日本は新幹線のこだまなどでも減便が生じています。また九州は今回の変更内容は減便のみとなっています。ただそれでも僕がもともと予想していたより本数が削減されていないなと感じます。

2021ダイヤ
 今回の改正に関して各社の主な動きを個人的にまとめてみました。貨物は増便方向、東海は現状維持、東日本、北海道、四国は新車投入を含めたサービスの改善、西日本と九州は見直しの方向にあるとまとめられると思います。


 できれば来年度以内に利用が回復して2022年は元の本数に戻ることを祈るばかりです。












 






スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント