地方JR路線をどうするか - 鉄路の星 公式ブログ
FC2ブログ

地方JR路線をどうするか

 昨日と関連した内容ですが新型肺炎で鉄道会社の経営は苦しくなりました。JR東日本とJR西日本は昨年度の収支の発表と同時の今後の方針について発表して、ともに減便などの見直しを進めることにしています。回数券の廃止などもすでに進めています。
ここで問題となるのが地方路線です。更にJR東日本エリアでは当面新幹線の新たな建設予定はないですが、JR西日本エリアでは北陸新幹線が建設予定で並行在来線問題があります。争議となるのは避けられないでしょう。



三セク化して利便性を上がったところも
 三セク化される前は利便性低下が懸念され三セク化に関して反対の意見が多く出ます。ところが実際三セク化すると特急がなくなった分普通列車の本数が増やせたり、特急通過待ちがなくなったりして利便性が向上することもあります。また学校や地域事情に合わせたダイヤ設定、駅の整備がしやすくなるのも間違いないでしょう。こう考えると必ずしも「三セク化=不利益」とは限りません。不便になるのが垂直在来線。並行在来線と接続しているローカル線(枝線)がJRのまま孤立して残ったところの利便性が落ちる問題です。この中で北陸本線と接続している大糸線、城端線などの関しては廃止の検討が行われています。そして三セク運営に当たって財政負担が大きくなっていくのも事実でこの二つが並行在来線の問題です。

結局、ローカル線問題は、地方公共団体の財政の問題
 しかしこの二つ、地方公共団体にもっとお金があれば、解決できるかもしれません。垂直在来線も、沿線に財政的余裕があれば同時に三セク化でき、同じ組織で運営することで経営の合理化でき、乗り継ぎ利用客も初乗り運賃を二度払う必要がなくなります。
 そしてこれは並行在来線に限らず現在JRが減便、廃止を検討している路線にも同じことがいえるでしょうか。もちろん今まで以上に国から交付金をもらった自治体はそのお金を鉄道ではなくバスなどの他の公共交通手段に転換の上で使用してもいいと思います。だだ、この数年は被災路線にかんして沿線自治体は「復旧したいけどお金がないから断念した」結果廃止になった路線も多くあります。こういった路線は沿線にお金があれば廃止も免れていたかもしれません。
 国鉄民営化から30年以上たち、今後のあり方の見直す時期だと言われてきました。これからの在来線の維持はその地方の人たちが地方の人たちのための運営が求められているように感じます。そしてJRや大手私鉄では維持できない路線でも沿線が希望すれば沿線の財政投資で維持できる時代が来てほしいと思っています。




 
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント