次々と整備される東海地方の高速道路 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

次々と整備される東海地方の高速道路

  5月1日に名二環の西側が開通して、名二環の全通が達成しましたが、他にも、東海地方や紀伊半島で新たな道路整備計画の見通しが経ちました。

東海環状自動車道
 東海地区3つ目の環状線と言われる東海環状自動車道のうち名神自動車道と東海北陸自動車道を結ぶ区間が3年後に開通します。これに伴い、残る未通区間はいなべから大垣の部分となります。

紀勢道
 紀伊半島の南側を走る紀勢道も10年以内にほとんどの区間が全通しそうです。特に和歌山方面から新宮までは2025年までに、三重県の方でも熊野までは今年中にも全通します。

北勢バイパス
 朝日町の方から四日市の南部まで整備進められている北勢バイパスですが、現在の終点地点(山之一色町)から菰野バイパスとの交点までの完成が4年後になる見通しが発表されました。

中勢バイパス
 中勢バイパスは鈴鹿市内の一部区間を残し開通していますが、残る区間は3年後に開通となりそうです。これにより現在の23号線と中勢バイパスが全通します。

その他バイパス
 北勢バイパスと中勢バイパスを結ぶ四日市鈴鹿道路と四日市鈴鹿道路と高速道路の亀山JCTを繋ぐ鈴鹿亀山バイパスも整備に向かって進んでいます。

 特に三重県では渋滞が多く発生していましたが一気に解消されていきます。また災害時などにこれまでの国道42号が浸水する懸念のあった紀伊半島南部の高速の全通もいよいよ近づきました。道路整備にも目が離せません。




スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: