JR九州の特急車両も世代交代 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

JR九州の特急車両も世代交代

 今年の春の特急減便で、783系の通勤編成(旧かもめにちりん編成)が定期運用から引退して、現在はみどりハウステンボスの代走に一部が運用がついているのみです。すでに3編成が解体されて、残る6編成中、3編成は運用休止中です。
 西九州新幹線の開通でさらに3編成ほどの余剰が出ますのでさらに廃車が出ると見られますが、一方でハウステンボスみどりの783系や787系、さらには883系の引退もあと10年以内には考えられます。

柔軟性が効く783系・787系
 1988年に登場した783系と1992年に登場した787系は1両単位で増結できるので、4両から9両まで多彩な編成を組むことができて、2編成連結した運用などもありました。この柔軟性も生かされて、九州の電車特急が走っている全区間で運用した実績があります。
 ただし783系と787系の初期車は老朽化も進んでいるのでそろそろ引退の頃でしょう。一方で787系は4両編成用を中心に2002年頃まで製造されていたのでまだまだ活躍が見られます。

振り子の883系・885系
 1995年に登場した883系と2000年に登場した885系は車体傾斜を特徴とした車両で、ソニックとかもめの専用編成です。他に振り子に対応した路線はありませんが、西九州新幹線開通に合わせて佐世保線も振り子対応することになったので、みどりにも投入されます。
 ただ現状では783系・787系が入っている、かいおうやにちりん、きりしま系統には路線が振り子ではないこと、6両や7両では長すぎる列車もあるため、883系や885系も置き換えできない問題が存在します。

個人的な予想
 西九州新幹線開通では783系の通勤編成のうち3~5編成ほどを残して廃車と見ています。また787系の中間車も状態の悪い車両を中心に一部廃車になるかもしれません。
 787系・883系の初期車の置き換えは非振り子の車両を投入して博多武雄温泉間のリレーかもめに入ると思います。新幹線のリレー特急なので新しい車両が入ると踏んでいますが、カーブの多い区間ではなく、今後の運用を考えても非振り子かつ編成の組み替えが容易な車両が出そうです。
 リレーかもめに新車が入れば振り子車両の運用はソニックとみどりの一部のみとなりますがこの運用は10本前後で回ると見ています。885系11本では微妙ですが、足りない場合883系の中間車のうち6両が885系ベースで885系より新しいのでこちらを改造の上、12本体制にすることもできなくはないようです。

 2000年代を最後に特急の製造が止まり、改造(内装リニューアル除く)も減りましたが、かつては各種改造も行っていました。783系787系の更新時期だけあって注目です。




スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: