三重県の公共交通に対して - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

三重県の公共交通に対して

 三重県の公共交通に対してですが知事選で話題になった内容を踏まえてやってほしいことを紹介します。

駅の整備
 これは以前の記事でも取り上げましたが、近鉄特急停車駅中心に整備をした方が良くて、対象は近鉄四日市、津、松阪などです。
駅からのコミュニティバス
 駅、公共施設、集客施設、住宅街を回るバスです。全国各地で検討されていますが、人手の確保が課題ですね。



 これらの施策は駅あって、鉄道あってうまくいくものです。そして昼間の列車の本数が確保されている必要があります。そのため鉄道会社との調整も重要です。
三セク・三岐への支援
 COVID19の影響で経営が苦しくなっていると思われるので支援が必要な場合適宜していく必要があります。
近鉄・JRの財政状況やローカル線の単独存続可否の確認
 近鉄は子会社や、資産売却を進め、人員削減を決めています。三重県の路線もこれ以上の減便がないか、する予定があるなら減便を回避するために支援金を出すのも一つの方法でしょう。また近鉄と共同出資の養老鉄道、明日なろう鉄道、伊賀鉄道の負担割合の変更も必要かもしれません。
 JRの方ですがいよいよ東日本と西日本が利用客2000人以下の路線を内部補助だけでは維持できないと、減便廃止の検討を一気に進めました。三重県の路線も関西線以外は利用客が2000人以下です。紀勢線、名松線、参宮線の三重県区間は両社の経営ではないので対象外ですが三重県単体では経営難である可能性が高く、今後内部補助が不可能となり減便、廃駅といった方向になる可能性もあります。ここもJRと確認する必要があると思います。
 ちなみにJR東海は今後も飯田線や高山線を活かすと発表しましたがいずれも新幹線との乗り換え利用客がいるからとのことです。しかし三重県はそもそも新幹線が通っていないので、どれほど新幹線の乗り継ぎ客がいるかどうか微妙ですね。
 JRの場合は昼間の列車がほぼ消えている線区が全国にありますが、三重県はそうならないようにしたいところで、JRが単独で本数維持できないのであれば三重県の財力で維持したいものです。




ニコニコ静画での投稿をかいししました。こちらもよろしければご覧ください。
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: