紀勢線の路線改良 第3回 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

紀勢線の路線改良 第3回

お待たせしました。今回は駅の移設を伴わない紀勢線の路線改良案の後半です。次回の記事は駅の移設を伴う改良案です。


紀伊長島に着くまでに大きく迂回
紀伊長島駅
 梅ヶ谷紀伊長島間は急勾配などもあるためなのか、大きく迂回しています。新しい線路を付け替えると一気に制限速度などが緩和されそうです。ただしこのルートを作ると200メートルの勾配を6〜7キロメートルで上がることになってしまい、気動車の馬力があったとしても難しそうです。このため多少の迂回は認めつつ、できるだけカーブをなくした配線にするのが理想でしょうか。


尾鷲駅
相賀尾鷲間はトンネル1本を引くと一気に距離を短縮できます。ただこのトンネルを作るのにも予算が必要になっていきそうです。

 紀勢線は多気から梅ヶ谷は案外山中を走るので、意外と急カーブなどがありません、梅ヶ谷から紀伊長島間は山中から海岸に出るために急勾配、紀伊長島から熊野は海岸の険しい区間をカーブなども作りつつ通過している点が大まかな流れのようです。


 駅の移設なしでも現代の技術なので路線改良しただけで、距離は短縮することが可能で、カーブの制限も解除できそうというのが今回の検討の感想です。次回はさらに駅の移設をすればもっと改良できるのではないかと思い記事にします。


参考文献 国土地理院地図

https://maps.gsi.go.jp/#12/33.924137/136.083649/&base=pale&ls=pale&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: