国交省の鉄道に関する検討会 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

国交省の鉄道に関する検討会

 現在国土交通省では都市部、地方部それぞれに存在する深刻な鉄道の問題について議論する場を設けています。このブログでは、すでに地域交通に関する検討会については紹介しましたが、他にも値上げに関する検討会と鉄道物流に関する検討会についても行われていますが、これに関して紹介します。値上げの検討会は反対に都市部の鉄道の問題であるバリアフリー化防犯面の強化で費用がかかる部分を値上げの認可を簡略化して値上げ分で投資する仕組みを検討しているようです。

鉄道における貨物輸送への議論
 そしてもう一つの検討会が鉄道貨物に関してです。JR貨物はもちろんのことJR東日本、JR東海、JR西日本もJR貨物に線路を貸している側として呼ばれた他、JR貨物と連携している運送会社も呼ばれています。特にかつては競合関係にあった、貨物鉄道と運送会社(主にトラック)が連携し合っているところも印象的でした。
 理由は違えど、夜間の運転中心はやめてほしいというのは本州JRと運送会社で一致しています。また安定性の向上は本州JRとJR貨物が共通の課題としています。このためお互いに共通の目標を解決するためにいかに技術開発するか、国はどういった支援をするかが論点となりそうです。

旅客鉄道への議論とは対照的
 地域モビリティの問題は需要減少が問題となっているのに対して今回の貨物の問題は需要増加への対応が問題となっています。ただし制度そのものを改良していけば、旅客の需要減少分、貨物の需要増加で賄うことが可能です。ただしJRは旅客と貨物の会社が異なるのでここで収益の配分も大事だと思います。

 
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: