関西線の遅れの原因とは - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

関西線の遅れの原因とは

遅れが多いと言われる関西線、遅れの原因は?
 関西線の遅れの原因について詳しく見てみます。
紀勢線、参宮線の遅れ
 上りの南紀や快速みえが遅れ対向列車待ち合わせのために遅れるパターン。これが一番多いです。紀勢線の多気以南は自然が険しいところを走るので徐行運転することが多く、上り南紀が遅れることはよくあるようです。
新幹線の接続待ち
 東海は他の路線、特に新幹線が遅れていると発車待ちをします。特に南紀は本数も少なく最終列車の発車が19時47分と早めなので最終南紀はよく発車待ちをします。しかしこの時間帯は関西線の帰宅ラッシュと重なるので影響も大きくなります。ちなみに関西線最終列車は、東京発名古屋行最終ひかりに接続しているのでひかりが遅れているときは待ちます。また中央線が遅れているときも待ちます。あまりに遅れがひどいときは最終列車は定刻に出して後で臨時便を出すようです。
信号故障、踏切の安全確認
 最近はどこの路線でも安全確認はしっかりします。そのため影響も大きくなります。ここもシステム改善で迅速に対応するようになるそうです。
客対応
 関西線は無人駅が多く、ワンマン列車なら運転士から、ラッシュ時のツーマン列車なら車掌から切符を買うことになりますが、朝は乗客も多いので対応に追われてしまうようです。この点に関しては四日市亀山間のTOICAエリア拡大で切符を車掌または運転士から買わないといけない人が減りました。客対応が原因の遅延は減ると思います。
 実際乗っていても上り列車の遅延が影響することが多いという印象です。また津方面から来る列車の中で始発の快速みえ2号が関西線内に入るまでは遅れが少ない印象です。遅れていても名古屋では定刻通りに到着しています。


 実は関西線は単線であること以外にも本数が増やせない原因があります。この点は次の記事でまとめています。

関西線特集ページへ
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: