今後の鉄道整備 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

今後の鉄道整備

 国土交通省は令和3年度に鉄道ネットワーク等のあり方に関して調査し、先日発表したようです。その中では新型肺炎が収まった後の鉄道需要についての予測や、今後の鉄道の高規格化についてまとめてあります。

新型肺炎後の需要回復は?
 まずは国交省は鉄道の需要を出張ビジネス需要・観光需要・通勤需要に分けて鉄道会社3社に調査を行いました。この中では出張ビジネス需要が一番回復しないのではという予測を各社がしていることがわかりました。通勤需要の回復に関しては地域差があると考えられますね。

高規格鉄道の整備
 観光需要や出張ビジネス需要の予測を元に今後高規格鉄道を整備するあり方も調査したようです。中には現在米坂峠で検討されている、既存の在来線のトンネルなどのみバイパス路線に切り替えるなども選択肢に入っていました。国鉄民営化以来、JR線は高規格鉄道の整備=新幹線一択でしたが、今後はより多くの方法が検討されていく模様です。速度も160km/h,200km/h,260km/hと3段階検討されています。
 260km/hだとしてもこれまでの新幹線とは異なり、在来線の主要駅を全て経由する整備方法も検討されていて、途中駅への配慮をしていく方向だと思われます。

 来年も報告書などを元に検討会が続けられると思います。特に鉄道物流(貨物)の検討会は再開されると思われますが他にどのような題目で国交省主催の鉄道に関する検討会が行われるか注目しています。
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: