ダイヤ研究長崎本線編 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

ダイヤ研究長崎本線編

 九州新幹線に引き続いて今度は長崎本線のダイヤについて、西九州新幹線の部分開業前後のダイヤを見ていきたいと思います。
博多駅時刻

 新幹線が開業したとはいえ、博多〜鳥栖間はこれまで通り鹿児島本線の普通と快速が行き交います。このため、長崎方面の特急の発着時刻はほとんど変わっていません。
 昼間の特急は行き先が変わっています。新幹線開業前は昼間の時間帯はどの時間帯も臨時が設定されていて、繁忙期は毎時2本体制になっていましたが、博多10時15分発の列車、13時15分発、12時54分着、15時54分着の臨時リレーかもめは設定されず、かささぎとして設定されています。ハウステンボスも昼間の列車に臨時列車が設定されない時間帯が発生しました。ハウステンボスの設定がない時間帯のみどりは885系白いみどりとして運転しています。
 なお夕方は元々みどりが発着していた博多33分頃発、35分頃着をかささぎ肥前鹿島発着が使用して、元々かもめが使用していた博多15分発、53分頃着を武雄温泉で新幹線かもめと接続するみどりが使用しています。博多55分発、13分頃着はかつてかもめが使用していましたが、現在はリレーかもめが使用しています。
 一部の日のみハウステンボスが運転・みどりと連結する時間帯がありますが、開業前はハウステンボスが運転しない日のみどりは基本的に4両単独運転でした(朝夕のみどりは783系8両もありました)。しかし新幹線開業後は武雄温泉で新幹線に接続する783系列車は8両で固定され、対象の列車の場合ハウステンボス号が運転しない日は博多〜佐世保間を8両のみどりとして運転します。

 2年後にはかささぎを2往復減らす予定があると言われていますが、昼の2往復のかささぎを臨時のリレーかもめに置き換えて、昼時間帯のリレーかもめは臨時列車を含めて毎時2本化するかもしれません。

 3回目は東海道・山陽新幹線について見ていきたいですが、こちらは臨時列車を含めた詳細ダイヤを見ないと分析が難しいので詳細ダイヤが分かり次第分析します。このため投稿は2月に持ち越しにします。
公式HP
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: