西九州新幹線の地域事情 佐賀県編 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

西九州新幹線の地域事情 佐賀県編

 西九州新幹線については開業後各種メディアで地域での意見の違いなどが度々取り上げられています。西九州新幹線について長崎県=推進 佐賀県=反対といった印象を持つ方も多いですが、実際は佐賀県でも嬉野市武雄市は推進の意見が多く、長崎県でも佐世保市中心に推進ではない地域もあります。そこで今回は佐賀県の、次回は長崎県の新幹線駅別の地域事情を見ていきたいと思います。


 フル規格新幹線ができた時の各駅の停車本数を西九州新幹線・九州新幹線の現ダイヤを見て想定
 西九州新幹線全線開通時、予定では博多〜長崎で新幹線毎時2本の運転があり、これとは別にみどりハウステンボスの運転が継続されます。部分開業ダイヤでも新幹線は最大毎時2本運転されています。停車パターンも3パターンあり、最速型は朝夕のみ設定されている点は、九州新幹線の部分開業時と似たダイヤになっています。九州新幹線全線開業時は川内通過の最速型が増えてみずほとして運転され、そのほか速達型がさくら、各駅停車型が熊本以南各駅停車のさくらまたはつばめになりました。
 西九州新幹線も全線開業時は朝夕のみの最速達型(みずほ型)は佐賀、諫早に停まり、速達型(さくら型)は新鳥栖、佐賀、(武雄温泉)、新大村、諫早に停まり、各駅停車(つばめ型)も走るでしょう。 ちなみに部分開業時の乗り換え駅だった新八代駅も、全線開業時にみずほと速達型のさくらは通過する駅となりました。武雄温泉駅の利用客も新八代駅より少ないので武雄温泉もさくら型は通過する可能性が高いです。
山陽直通便は毎時1本?
九州新幹線は最大毎時2本の列車が新大阪まで直通していますが、山陽新幹線はのぞみ、みずほ、さくらあわせて毎時9本走っていて増発に限界があるので西九州新幹線〜山陽新幹線直通便は毎時1本だと考えれます。この場合最速型と、速達型が新大阪に直通するでしょう。以上の前提でダイヤを検証すると以下になります。

西九州停車駅




 佐賀県でも現在新幹線駅がある武雄市と嬉野市では関西直通便運転が期待できるため、新鳥栖武雄温泉間の早期開通の声が出ています。しかし、実際のところフル規格ができた時に関西直通便が両駅に停まるかは、山陽直通便が毎時1本になるか2本になるかによると思います。
 武雄温泉に関しては、速達型が通過する場合は部分開業時より停車本数が減りますが、それでも2022年以前比べるとみどり+新幹線で増発になります。仮にみどりが廃止されても新幹線毎時1本は維持されると思われるので2022年以前と同じです。

 江北に関しては新幹線の駅ができない可能性があり、佐賀県内では反対的な立場となっています。佐賀駅に関しては熊本駅同様全列車が停車するでしょう。


 全線開業のメリットデメリットをまとめると全新幹線駅で博多への時短効果が狙える代わりに料金が上がることは共通です。嬉野温泉駅からは乗り換えなしで博多駅に行けるメリットがあります。しかし佐賀県内全駅で関西直通便が停車するかは微妙なところです。また武雄温泉駅は部分開業時より停車本数が減る可能性があります。

 次回は長崎県内の事情に触れていきます。
夢電まとめ
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: