2023年1月JR東海の動き - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

2023年1月JR東海の動き

 2023年はお正月発表の後もJR東海からは様々な発表がありました。

社長の交代
 昨年から副社長を務めていた丹羽氏が4月から社長に昇格することになりました。現在の金子社長は会長に、現在の柘植会長(前社長)は相談役になります。金子社長は5年間で交代となりました。
 また丹羽氏は57歳と若く、JRグループ初の民営化後のJR時代に就職した社長となります。JR時代に就職したJRグループ社長は民営化から36年の年月を経て誕生することになります。


キハ85系の廃車・ありがとうひだ運転
 1月17日に5両が廃車になりました。冬の繁忙期の増結を終えてからの退役と見られます。その一方で3月週末には1988年登場時のひだ編成を再現したありがとうひだが運転されます。ありがとうひだの発表の際にダイヤ改正以降も臨時ひだとして運行継続されることが発表されましたが、その後4月には臨時ひだとして85系が運転されることも明らかになりました。

HC85系4両編成の出場(JR東海への引き渡し)と滋賀県・京都府・大阪府西区間乗り入れ試運転開始
 1月19日にはHC85系4両普通車のみ編成が2編成日本車両から名古屋工場に回送されました。これで今年度HC85系の残り製造分は6両となります。そして翌1月20日にはHC85系2両編成が米原〜大阪の西区間で試運転を開始しました。今後西日本管内で試運転が行われるようです。
 なおダイヤ改正後は大阪発着及び富山発着のひだは通常2両運転されることになり、1月19日に回送された4両普通車のみ編成は南紀として活躍することになりそうです。

315系の出場(JR東海への引き渡し)
 1月12日にC9編成、1月19日にC10編成が日本車両から神領まで回送されました。すでにC9編成は営業運転を開始しています。これで今年度の315系の製造は残り8両3編成となります。
 C9編成の営業運転開始後の1月30日に211系3両2編成が廃車回送されました。さらに1月20日には313系4両B1編成が大垣に転属され、活躍の場を関西線から東海道線へと移しています。編成番号はJ11編成となりました。
 ちなみに昨年製造の315系4両は現在、313系との連結試運転を繰り返している段階のようです。1月には車外カメラの実証試験を行うと発表されていますが、これは営業列車ではなく、あくまでも試運転列車で行っている可能性があります。


 ダイヤ改正まで残り7週間を切る中でほぼ毎週のように新車が入り、既存車両にも動きがありました。2月もどう動くのか目が離せません。


スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: