春の臨時列車 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

春の臨時列車

 ダイヤ改正もいよいよ1ヶ月後となり、ダイヤ改正後に運転する臨時列車も予約可能な時期になりました。そこでJR各社の臨時列車の中から、新たに運転する臨時列車、復活する臨時列車、ラストラン記念臨時の3つの観点からピックアップしていきます。


新たに運転する臨時列車
 JR東日本の関東・信州エリアでは新設定する臨時列車が多く、信州、青の絶景ネモフィラ、マザーファーム、いずなどが設定されます。使用車両は信州はE353系ですが、他の臨時列車は基本的に185系、E653系、E257系です。
 この他東日本エリアではイベント向け臨時列車も多数設定されます。

復活する臨時列車
 JR西日本では大阪〜奈良間でまほろばの運転が行われます。2020年以来の設定となりますが、今回は大阪地下駅開業に合わせて、大阪発着に延伸となりました。使用車両は287系でGWなどの繁忙期の設定がない点も変わりませんが、今回はe5489で割引特急券を発売します。
 ちなみに複線化する奈良線では221系1編成を期間限定で特別ラッピングすることになり、奈良地区を強化している印象を受けます。

ラストラン関係
 JR北海道ではキハ183系、JR東海ではキハ85系(南紀は6月まで運転・臨時列車は当面運行継続)が定期運行を終了します。そこで3月の週末はラストランイベントがあります。


 このほかJR各社では観光列車の設定なども行われます。また今回は、全てのJRで1月中旬に6月までの臨時列車を発表して、指定席の発売は臨時列車含めて1ヶ月前から開始するという、2019年以前のスケジュールに戻りました。九州新幹線だけは臨時列車の案内がないものの、新型肺炎感染拡大前の賑わいをだいぶ戻しつつあるとJR各社も見込んでいるかと思われます。

公式HP


 
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: