リニア問題で静岡県知事とJRにズレ その2 のぞみ問題 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

リニア問題で静岡県知事とJRにズレ その2 のぞみ問題

 前回リニア問題で静岡県知事とJRにズレ その1で静岡とJR東海の関係性について投稿しました。川勝知事は「JRに媚びる必要はない」と強気の構えです。この両者はのぞみ号の県内全駅通過についても意見が異なっています。
 JR東海はリニア開通後のひかり増発を検討しているが
 JR東海はリニア開通後は静岡県内を停車するひかりの増発を検討していますが、現時点で確定ではありません。静岡県側はそこの約束はしてほしいところだと思います。
 リニア開通前に静岡停車ののぞみを増やせないか
 2020年3月までの日中パターンダイヤでは、東京新大阪間で2時間27分、2時間30分、2時間33分、2時間37分かかるのぞみの4種類があります。このうち2時間33分、37分で走るのぞみは700系で運転です。1駅停車でかかる時間は3分程ですので2時間37分の列車は1駅停車駅を増やすことが可能です。
 2020年3月以降のN700A統一後ダイヤでも所要時間は均等にならない
 N700A統一後も2時間30分かかるのぞみは残ります。最速が2時間22分なので8分余裕があることになります。そこで静岡県は2時間30分かかるのぞみが静岡駅または浜松駅のいずれかに停めるよう要望することは可能です。特にN700Aは加減速に優れているので停車によるロスはすくないとみられます。実際のダイヤは今年の12月までわかりませんが、静岡県はダイヤを見て2時間30分かかるのぞみの停車駅増加ができないか検討してみてもいいかもしれません。
現実的な要望などで歩みあってほしい
 もちろん今出した案は一例で、他には在来線のサービス向上(駅の更新、車両の更新、増発、ローカル線の現状維持)、などの提案もあっていいかもしれません。新幹線静岡空港駅建設の要望はありますが飛行機と競合する新幹線では厳しいかもしれません。静岡県とJRは合同でイベントを行い、駅の整備を共同で行ってきました。JRと静岡県のなかでズレが生じるのは仕方ありませんが、いままで大切にしてきた関係までは壊さないでほしいと思います。お互いに歩み寄れる日が来ると信じています。



スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: