来年の春のダイヤ改正情報と筆者予想 - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

来年の春のダイヤ改正情報と筆者予想

最近は来年の春のダイヤ改正に関する情報が流れてくるのでその情報をまとめていきます。後半は投稿主の予想も書いていきます。

確定
・北海道特急列車の全車指定席化・指定席拡大
・「エアポート」増発
・北陸新幹線敦賀延伸・特急の運行区間短縮
・273系「やくも」運転開始(但しJR西日本は2024年春運行開始と発表)
・房総方面の特急全席指定化

在来線特急のうち、宗谷本線と石北本線方面の特急列車はこれまで通り自由席を残し、「ライラック」と「カムイ」は自由席の数を減らします。この他の特急は全て全車指定席となります。これに合わせて割引っぷを見直して、割引切符は「えきねっと」でのみ取り扱うようになります。ただ、「えきねっと」で取り扱う特急券はかなり割引がされます。

「エアポート」も増発されます。2020年に毎時4本から5本に増発されましたが、来年の春は毎時6本に増発となります。また、特別快速・快速・区間快速の3種別で構成されるダイヤになります。新型肺炎前より本数が増えているため、エアポートの利用増加はかなり順調だと言えそうです。

北陸新幹線敦賀延伸開業ですが、本数と停車駅もすでに発表されています。これまでは最速達「かがやき」、長野から先各駅停車の「はくたか」、富山から金沢のシャトルが「つるぎ」でした。しかし金沢から先は「つるぎ」でも速達列車がある一方で、「かがやき」も福井や敦賀以外の駅に停車する便があります。(「はくたか」は長野ー敦賀間で全列車が各駅停車。)
また「つるぎ」が敦賀駅で在来線と接続する役割を果たすので、敦賀ー金沢・富山の主力は「つるぎ」になりそうです。

敦賀延伸開業に伴う在来線特急の存廃ですが、和倉温泉方面への「能登かがり火」が存続することになりました。金沢ー敦賀間の特急は全て廃止されますが、「しらさぎ」は名古屋・米原ー敦賀で残ります。余剰となる681系と683系の去就は明かされていません。金沢開業の際も北近畿や紀南に683系が転用されたのは秋でしたので今回も春に転用ではない可能性があります。

さらに273系の運転開始が2024年春に決まりました。但し「春」なのでダイヤ改正のタイミングではない可能性があります。

JR東日本からは房総半島を走る特急の全席指定席化が発表されています。
他の全席指定の特急とは異なり座席上のランプの設置予定はないようです。また使用車両も明かされていません。

予想
・東海道・山陽新幹線直通便のN700S拡大
・中央線名古屋地区の315系・383系統一に伴う改正
・関西線名古屋地区の改正
・西九州新幹線の本数調整

予想がJR東海関連に集中していますが、まずは東海道・山陽新幹線です。2023年春には東海道・山陽新幹線直通「のぞみ」でN700Sで必ず運転される列車が増えました。今年度は西日本もN700Sを製造しているのでさらに拡大する可能性があります。それ以外は昨年白紙改正だったためほぼ現状通りとなると見ています。

JR東海は315系の投入もかなり進めています。この秋に中央本線では315系と383系で統一されています。ここで普通列車と快速列車が315系の性能に合わせたダイヤに改正なりそうです。
同様に関西線も211系が名古屋地区で引退したことに伴うダイヤ改正がある可能性があります。関西線の場合は機関車もJR方に統一されているので貨物も同時にダイヤを変え、白紙改正になる可能性があります。

最後にJR九州ですが、西九州新幹線が開業から1年半ダイヤが変わっていないのでそろそろ本数調整の頃かもしれません。

またこの秋についてはJR各社が沿線自治体に本数削減の予告をしているといったニュースは聞きません。このためローカル線関係は目立った本数削減がなさそうです。

お知らせ
2019年からFC2動画で毎年年末にJRダイヤ改正の発表を受けた動画投稿を行なっていましたが、今年からは取りやめたいと思います。代わりに年明けか3月のダイヤ改正前に投稿したいと思います。よろしくお願いします。

公式HP



スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: