JR九州の特急置き換えは? - 鉄路の星 公式ブログ
fc2ブログ

JR九州の特急置き換えは?

本日はJR九州の電車特急車両の今後の予想です。

残るのは885系のみ?
 JR九州では1988年登場の783系と、1992年登場の787系、1995年の883系、2000年に885系が登場しています。
この後2002年に787系、2008年に885系の中間車が製造されていますが以降は電車特急の製造はなく、新幹線の開業による特急運用縮小によって旧型車両を置き換えています。
とはいえ783系は登場から36年経ち、787系では外部の劣化も始まりました。このためそろそろ新型特急が出てくるかと思います。ただし885系は近年はコンセントとWiFiの設置工事がされています。このためもう少し活躍を続けそうです。

リレー特急は8両中心に
一方でリレーかもめは787系が基本で朝夕は783系のみどりハウステンボスが武雄温泉で新幹線かもめと接続しています。元々885系も新幹線接続の役目を担っていましたが、春からは新幹線かもめと接続する列車には夕方の2往復のみとなります。885系はかわりに肥前鹿島発着のかささぎの運用が増えます。
これで新幹線と接続する列車が2往復を除き8両になりますがWi-Fiとコンセントの設置はされていない車両が担うことになります。

宮崎では4両中心に
 また宮崎地区では元々6両の787系や783系の運用がありましたが近年は4両の787系の運用がほとんどとなりこの春はにちりん1往復が6両から4両になります。

4の倍数に揃えられている?
 佐賀方面では8両中心、宮崎は4両中心で、ソニックが6両および7両、きらめきは一部6両があるものの8両が多めです。かいおうは6両です。かささぎも6両中心です。とはいえ4両や8両の比率が高くなっています。

改めて予想へ
 以上より九州は883系以前の車両を置き換え、783系787系の後継は4両で製造し、リレーかもめは4両2編成併結で運用する未来を予想します。
 実際の内訳は
885系 6両11編成
883系 7両8編成  うち中間車6両は2008年製・885系と同じ構造
787系 4両11編成
    6両7編成
    8両7編成
783系 4両11編成
です。

ソニック9運用+(2運用?)分で回るため、885系11編成で回ると見られます。このためソニックに新型車両の投入は不要です。
また、早朝深夜はソニックの本数が少ないのでみどりの1~2往復に運用できるので883系引退時点では振り子車両の製造は不要です。
佐賀方面ではリレーかもめは4両2編成で運転、みどりハウステンボスも同じ型の車両で4両ずつ併結運転すると思います。
かささぎは基本4両となると思います。かいおうも4両の時代があるのでまた4両に戻されるかもしれません。

これを元に予想すると、
783系4両と787系8両は 4両24編成で置き換え
787系4両もこのまま4両11編成で置き換え
883系は885系の西九州からの転用で置き換え
という予想です。
これだと787系6両と885系6両西九州分の後継車両ですが10運用分を全て4両や8両に変更できない場合は6両の新型車両も作ると思われます。

また、883系も今後Wi-Fiやコンセントがつく場合は残ることも考えられます
783系4両と787系8両は 4両24編成で置き換え
787系4両もこのまま4両11編成で置き換え
885系、787系6両運用のうち4両にできる運用のみ新型車両の運用にして6両必要な運用は885系で置き換え
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
ソニックは現状883が6運用+885が5運用の計11運用なので885だけで全部賄うのは予備編成がなくなるので不可能。
783は車椅子非対応で早急な置き換えが望まれますが新車登場のリリースは全くないので望み薄でしょう。
以下妄想 もし仮に置き換えるとしたら…
・佐世保線と日豊南線に4連を大量製造し783/787BO置換え
・787BMのうち6連は4連で置換え可能な運用が多いので上の4連を追加製造し置換え
・ソニックは7連の振り子or空気バネの新車で883,885共に置き換えて車両統一
・リレーかもめもこの7連を製造して置き換え(佐賀県区間が開通したらにちりんに転用→余った4連の一部を気動車化改造し久大豊肥に転用?)
2種に減らすことで共通化のメリットは大きいですがそれでも大規模投資になるのでJR九州としては渋るでしょう、現在の車両を50年近く使うかもしれません(^^;;

-

2024/02/06 URL 編集返信

tetsuronohoshi
Re: タイトルなし
ソニックは現状883が6運用+885が5運用の計11運用なので885だけで全部賄うのは予備編成がなくなるので不可能。
783は車椅子非対応で早急な置き換えが望まれますが新車登場のリリースは全くないので望み薄でしょう。

あっても5年以降先でしょうね。現行車使うなら使うで、リレー特急で使う787系と783系はバリアフリーやWi-Fi設置改造して欲しいところ。
ソニックは博多大分で40分折り返しを確保していますがここを15分ほどに変えれば9運用には削れそうです。片方の折り返しを現行通りにするなら10運用。ちなみに繁忙期の佐賀かもめは2020年で廃止になったので小倉大分の臨時もいつまで残るでしょうかね。


以下妄想 もし仮に置き換えるとしたら…
・佐世保線と日豊南線に4連を大量製造し783/787BO置換え
・787BMのうち6連は4連で置換え可能な運用が多いので上の4連を追加製造し置換え
・ソニックは7連の振り子or空気バネの新車で883,885共に置き換えて車両統一
・リレーかもめもこの7連を製造して置き換え(佐賀県区間が開通したらにちりんに転用→余った4連の一部を気動車化改造し久大豊肥に転用?)
2種に減らすことで共通化のメリットは大きいですがそれでも大規模投資になるのでJR九州としては渋るでしょう、現在の車両を50年近く使うかもしれません(^^;;

ソニックも振り子で続くといいですけどね。微妙な気がします。有料特急車両を50年使うとなれば近鉄に引けをとりませんね。

tetsuronohoshi

2024/02/06 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

tetsuronohoshi

Author:tetsuronohoshi
twitterとFC2動画、ニコニコでも活動しているいとなみです。またいとなみという名前で学生向けのブログも取り扱っています。そちらもよければ見てください。

鉄路の星チャンネルカウンター

現在のアクセス数

現在の閲覧者数: